コンセント工事

コンセント工事とは、住宅などにコンセントを設置する電気工事のことです。
施工するには電気工事士の資格が必要となります。コンセントを設置するにあたっては、
何を目的にどのような場所に作るのかにより正しい方法を用いることが大事です。

照明設備工事

照明設備工事とは、照明器具を設置する電気工事のことです。依頼者の要望、建物の形状、他の設備とのかねあいを配慮して、適切な照明器具を設置するようにしなければいけません。新築住宅の他、店舗の改修工事などでも行われます。

ネオン設備工事

ネオン管などのガス放電管を使用して、様々な色の光を点灯させる装置をネオンサインといいます。主に看板や広告に使用されていますが、このネオンサイン設備を取り付ける工事のことをネオンサイン工事といいます。電気工事士法に基づいて施工され、特殊電気工事資格者などの資格が必要となります。

引込線工事

電柱から各家庭に電力を送るための引込線を取り付ける電気工事を引込線工事といいます。まずは電柱上で配電線から分岐線を引くことから始まり、家の中で問題なく電気を使用できるようにするため、なくてはならない工事です。

交通信号設備工事

交通信号設備工事とは、交通信号機を設置する電気工事のことです。交通工学に関する知識、電気、通信、土木などの確かな技術が必要とされます。そのような高度な工事が可能であることを認定する交通信号工事士という資格もあります。

避雷針工事

避雷針工事は避雷針を取り付ける電気工事のことです。建築基準法に照らし合わせても5階未満の住宅ならば設置義務はまず発生しません。また、周囲に高層ビルやマンションがあるならば、一戸建てには落雷のリスクはほとんどないといわれています。しかし、高台や周囲に高い建物がまったくない開けた場所に建っている場合には、一戸建てにも避雷針を付けた方が良い場合もあります。

電気防食工事

電気防食工事とは、建物の金属部分に電気を流すことで腐食を防ぐ電気工事のことです。この時、流れる電流を防食電流といいます。建築物の構造上、塗装やメッキなどで防食できない部分を補強できる大変便利な方法です。電気防食の原理や具体的な方法などについて解説します。